アマノ家フイルム

息子と娘の二児パパによるその日つれづれ

うさぎドロップ

 2009年3月5日
約 2 分

うさぎドロップ

うさぎドロップ (4)」が、いつの間にやら発売されていたので地元の本屋さんで購入。

好きなんですよ、この漫画(^^)

かなり前になりますが、ある週末にハニーと漫画喫茶でダラダラしていた時に、

偶然手にとって読んでみたら面白いじゃないのって、ハマってしまったのです。

* * *

三十路の独身男である主人公ダイキチが、ある日、じいちゃんが亡くなったって事で葬式に参列しにいったら、実はじいちゃんには愛人がいて子供まで作っていた!

愛人行方不明だし、誰が隠し子である女の子、りんを世話するの!って親戚達がもめにもめてるのに見かねて、ダイキチが勢いで引き取る。。。

* * *

そんな感じで物語が始まるのですが、このダイキチに何かと共感しちまいます。

子供ってどう接すればいいの?

三十路にはいって、なんか太りやすくなったんじゃね?(僕はまだ二十代ですが。。)

子育ての時間は自分の時間じゃない?そんな事ないんじゃないか?(当然、僕には子供いませんが。。)

 

本当の親子じゃないけど、どんどんダイキチがりんの父親になっていくのが何とも微笑ましい。

あたたかい! あたたかいぜ、この漫画!!

 

僕にとって子育てって、まだ先の話しなんだと思いますが、なんか妙に考えさせられます。

この作品は、オススメです。

でわでわ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

アーカイブ