アマノ家フイルム

息子と娘の二児パパによるその日つれづれ

“HP Design Gallery” in 東京ミッドタウンに出くわした。

約 4 分

↑“HP Design Gallery” in 東京ミッドタウン

※今回の写真は全て”Canon IXY DIGITAL 2000IS”です(^^)

こんばんは(^^)

今日はクリスマスイルミネーションを観に久々に東京ミッドタウンに行ってきました。

六本木方面に出掛けるなら、東京ミッドタウンは木を基調にしている暖かさと、それと両立されたシックな雰囲気の内装が妙に落ち着けて、六本木ヒルズよりこっちの方が個人的に好きです。

ミッドタウンは、レストランフロアやフードショップを見て回るのが楽しいんです(^^;)

かなりの数のレストランや様々な種類の食材が販売されていて面白いんですよぉ〜

まあ小物や服飾店をまわると二十代半ばの若造である僕には、商品がバカ高くて圧倒されっぱなしになるので。。。

『おっ! カッコイイ!!』と思って手に取ったPUMAのシューズが16万ってどういう事やねん。。。orz

それを承知で見るだけショッピングは非常に面白いんですが、なんか悔しいの(苦笑)

んで、今日はそんな東京ミッドタウンのイベントスペースで

“HP Design Gallery” in 東京ミッドタウン

に出くわしました。

HPと言えば、最近、『HP 2133 Mini-Note PC 』の後継にあたるNetBook、『HP Mini 1000』を発表していましたね。

Image converted using ifftoany

ミッドタウンでのギャラリーでも、多分、モックだと思いますがHP Mini 1000が展示されていました。

第一印象としては、『悪くない。いや、なかなか良いんじゃないかしら。』

HP Mini 1000が他社のNetBookと違うところは、ずばりデザインに力を入れている事では無いかと思います。

HPによると、これまでHP Pavilionシリーズに採用されてきた“ZEN-design”をNetBookにも採用したんだそうです。

↑ZEN-designについて。

NetBookって多分、どこのメーカーも大体スペックはIntelのAtomアーキテクチャを採用してストレージはSSDで、10インチ前後のディスプレイでって感じであまり代わり映えがない気がするんですよね。

構成が同じなら、価格もどこのメーカーの製品もあまり差はでない。

ならデザインで商品の付加価値を高めようってHPの戦略はそれなりにイケてるんじゃないかなぁ〜と。

実際モックを見たところ、なかなかの高級感が演出されていて、それが5万円代で購入出来るとあれば、思わずポチりかねない魅力があるわけです(^^;)

HP 2133 Mini-Note PCもデザイン、カッコイイですしねぇ。

でもそもそも今流行のNetBookのターゲット層ってのはどこにあるのでしょうねぇ〜

Webやメール、インターネット上のサービスを利用する事を目的としているのが、その由来なんだと思いますが、使ってればあれもこれもとPCにさせたくなるのがユーザの心情。。。

そうすると、多分NetBookのスペックでは足りない。

本当に”NetBook”として割り切った使い方を出来るある種のモバイラーではなく、安くPCを買えて得した!!って思ったものの、やっぱ遅くて使えないと感じて後悔してるユーザっていたりしないのかなぁ〜と。

と、ちょっぴり疑問に思ってみたり。。。

結構な頻度で、あまりこういうのに詳しくない友人とかに聞かれるんですよ、やたら安いPCが最近、売られてるけど、どうなん?って。 PC持ってないから、安く買えるコレにしようと思ってるんだけど、ってな感じで聞かれたり。

NetBookの使い方ってのを、販売側はもっと提案・周知させるべきな気がしました。

二台目としていかがですかって言われても、正直ピンとこない方(かた)が多いと思うの。

デザインをNetBookの付加価値として切り出したHPは、NetBookをコンシューマー向けに売りだそうとしているって事だろうから、もっと分かりやすい”使い方”を広告したらデザインの価値と合わさって、よりイケイケになるんじゃないかなぁ〜と思ったりしたのでした。

【おまけ】

でわでわ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

アーカイブ