アマノ家フイルム

息子と娘の二児パパによるその日つれづれ

GXR MOUNT A12で親父のFDレンズが復活。

約 3 分

DSC_0015.JPG

↑(Nikon D90 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G)

こんばんは、アマノユウです。

遂に憧れのGXR MOUNT A12をゲットしましたっ!!

これで兼ねてからの僕の望みであった親父のCanon FDレンズを使う事が出来ます。

ミラーレスカメラがそのコンパクトながらに写りのよさからカメラ女子からの支持を得る反面、カメラギークからはショートフランジバックの恩恵によるマウントアダプターの大活躍でオールドレンズを導入するのが密かなブームになっているっぽい昨今、30年前親父が愛用していたレンズを物置から発掘してしまった時点で僕もそのブームに乗っかる事が決定してしまったわけでございます。

男の子はこういうギミック的なものに弱い! 少なくとも僕はそう(^^ゞ

本来、GXR MOUNT A12はドイツの光学機器メーカーであるライカのMマウントレンズを装着出来るシロモノなのですが、Mマウントはユニバーサルマウントとも呼ばれていてマウントアダプターを間に挟む事で色んなマウント規格のレンズを装着出来るわけなんですな。

親父のFDレンズもそのままでは使えなくて、GXR MOUNT A12 + FD-LMアダプター + Canon FDレンズという組み合わせでGXRに装着しているわけでございます。

いやぁ〜、カメラの交換レンズって色んな画角のを揃えようとするとお金がいくらあっても足りないじゃないですか汗 レンズ沼とはよく言ったもので。。。(´・ω・`)

だから、僕、真っ正直にレンズを集めるのは諦めました。

安いオールドレンズを、ちまちま集めていく作戦にでますよん。

ライカとかカールツァイスのオールドレンズは今でもえらく高いみたいですが、それのコピーレンズとか他のメーカーのレンズであれば一個3000円代で買えてしまうらしいですからね。

現代のデジタルカメラとフィルムカメラ時代のオールドレンズを組み合わせて写真を撮るというのも、なかなか面白そうです♪

 

DSC_0009.JPG

↑(Nikon D90 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G)

早速親父のFDレンズを装着してみました。CANON LENS FC 50mm 1:1.4 S.S.C.です。

MOUNT A12はAPS-Cサイズのイメージセンサーを搭載しているので35mm判換算で75mmといったところでしょうか。

 

DSC_0019.JPG

↑(Nikon D90 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G)

LOCK↔OPENという文字が刻まれている部分がアダプターですね。

 

R0011323.JPG

↑(GXR MOUNT A12 / CANON LENS FC 50mm 1:1.4 S.S.C.)

早速室内ですがFDレンズで試し撮り。。。このレンズは残念ながら前玉にくもりがあるのですが意外にちゃんと写ります。

 

R0011325.JPG

↑(GXR MOUNT A12 / CANON LENS FC 50mm 1:1.4 S.S.C.)

GXR MOUNT A12での撮影は基本マニュアル操作。ピント合わせとか小難しいですが慣れてくると逆にオートフォーカスよりも写真を撮るのが楽しいかも♪

 

R0011328.JPG

↑(GXR MOUNT A12 / CANON LENS FC 50mm 1:1.4 S.S.C.)

確かこの写真とかは絞りを全開で撮ったと思うのですが、くっきりしてると思いまふ(^^ゞ

まだまだ初心者もいいとこですが、勉強しながらオールドレンズを楽しんでいきたいですね♪

ではでは。

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

アーカイブ