アマノ家フイルム

息子と娘の二児パパによるその日つれづれ

夜な夜なギター練習にLittleMartinを導入

約 3 分

すべての写真-2915

先日、何を血迷ったか、まだろくに弾けもしないのにエレキギターに続き、アコギを買ってしまいました。

結果、ギターライフがとても楽しい。

ドラムもそうなんですが、楽器の演奏技術を上げるには一にも二にも練習。
反復練習が一番大事だと思います。

演奏のセンスを上げるのは、また別にやることがあるとして、、、

今回、僕がアコギを買った理由としては、ドラムをガンガン叩いていた学生の頃と比べると、仕事だったり子育てだったり、家事だったりと、練習する時間の捻出が難しいわけでして、
ちょっと悩んだ結果、ながら練習の時間を増やそうという結論になりました。

ちょっとした時間にパッと手にとって練習したり、録画番組を消化しながらコードの練習をしたり、
当然、ギターだけに専念する時間も作りたいのですが、ギターに触ってる時間をまず増やそうって魂胆ですね。

エレキだと重いのと、あのピカピカのボディに傷がつかないように気を遣ってしまうせいか、ながら練習をしようにも、どうにも難しい。

小さな書斎のみで自分の部屋を持っていないので、練習スペースはリビングになるのですが、パッと気軽な感じでエレキは手に取れないんですよね。

そこで、以下の三つを条件にアコギを探してみたところ、

  • 気軽に使いたいのでそこまで高くないもの。
  • 夜も練習したいので、生音は大きくない方が良い。
  • エレキとなるべく弾き心地が似てるもの。

ミニギターとカテゴリされるものが良いんじゃないかという考えに至りました。
普通のサイズのギターより安価、生音も小さい、ネックも短くなるので手が小さい僕には弾きやすいかも、といった感じです。

色々と物色した結果、今回はLittleMartinにしました。

型番としてはLXMというもので、僕が買ったものは販売元工房さんの手によりピエゾ素子ピックアップが追加されてて、エレアコ仕様になっています。

もう一つ上のグレードのLX1というものと迷ったんですが、自分の求める条件だとLXMで良いのかなと。

LX1とLXMの違いは、LXMはボディ全体がHPL(ハイ・プレッシャー・ラミネート)という合板で出来ており、
LX1はトップのみ単板で他のパーツがHPLになっているようです。

LX1の方が生音が大きいのと、高音の響きが良いみたいですね。
実際に弾き比べてみると、確かにLX1の方が気持ちが良い音がする気がしました。

まあ、でも自分の場合は夜な夜な練習するためのものですし、いざとなればアンプに繋げて音量を稼ぐ事も出来るので、LXMが良いのかなと。

夜、コードの練習をメインにポロンポロン弾くのが楽しいですねぇ。
ギターはドラムよりも悦に入りやすい楽器だなぁ〜と苦笑

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

カテゴリー

アーカイブ