アマノ家フイルム

息子と娘の二児パパによるその日つれづれ

立ち上げ時点での水槽環境について紹介3 ~ エアレーション編 ~

約 4 分

IMG_0284

こんにちは、アマノユウです。

水槽編、濾過器編に続き、今回はエアレーション編になります。

俗にいうブクブクですね。

エアレーションとは

エアーポンプやエアーストーンを使って、水槽内に空気の泡を発生させて、

水槽内に酸素を供給する事ですね。

実は、泡だけが酸素を供給している訳では無くて、

その泡が水面を揺らす事でも、空気と触れる表面積が増えて、酸素を効率良く溶かす事が出来るみたいです。

今のような夏の季節、どうしても水温が上がりがちになってしまいますが、

水温が上がると飼育水の酸素が少なくなってしまうようで、

積極的にエアレーションをした方がよい場合があるようです。

水槽内が酸欠になると、中に住む熱帯魚達も当然息苦しですし、

なにより濾過バクテリアも減少してしまい、結果、水質も悪化してしまうようです。

恐ろしや、、、(;´Д`)

エアストーンとエアポンプ

さて、今回、私が導入したものですが、こちらになります。

エアーポンプ

ネット上のレビューでエアーポンプは水作が静かで良いよ!!というのを、いくつも拝見しまして、

それじゃあと思い、アマゾンさんでポチッとした次第です。

あっ、水槽系ブログだと、アマゾンという表現は南アメリカの熱帯雨林を想像してしまうかもしれませんが、

Amazon.co.jpのほうですよ(;´∀`)

立ち上げ当初は、gex製の最安グレード エアーポンプを、使っていたのですが、

それに比べると確かに静か、、、ポンプ自体は無音と言っても良い、、、

なにこれ凄い(・∀・)イイ!!!!

水槽のサイズ的に、あまりエアレーションが騒がしくならないようにエア量をかなり絞っているのですが、

そのためというのもあるかもしれません。

そうそう、このエア量を調整出来るというのも、とても便利ですね。

エアストーン

エアストーンはこちらです。

これも、ネット上のレビューを見て良さそうだったからですね。

正直、他のものを使った事がまだないので、違いが分からん、、、

我が家での様子

image-6

水作ポンプさんは外部フィルターさんと同じ、窓枠板に設置。

まあこれは大丈夫でしょう。

image-5

エアストーンはこんな感じですね。

水槽の奥側にキスゴムで固定してます。

いいねブログ村に参加しています。クリック頂けると励みになります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

アーカイブ