アマノ家フイルム

息子と娘の二児パパによるその日つれづれ

立ち上げ時点での水槽環境について紹介6 ~ 水草・流木編 ~

約 4 分

8744394970_864fd4d043_z

こんにちは、アマノユウです。

今回は水草と流木の話しですね。

このブログを始めてから、色んなアクアリウムのサイト様を拝見しているのですが、

一言、水草と言っても、とても種類がありますね。

私が小学生の頃に金魚を飼育していたころは、こういうのを水槽に一本添えるだけで満足しておりました^^;

マツモという金魚水槽でよく使われる水草です。

231436443_b0e173a797_z

これはこれで、可愛いですよね。

正直、地上で育つ植物の名前もままならないのですが、我が家の水槽に植えている水草ぐらいは、最低限、覚えておこうと思っています、、、^^;

では、実際に我が家のアクアリウムに植えている水草ですが、こんな感じになります。

kusa

  1. ハイグロフィラタイランド(ニュー・ラージリーフ・ハイグロフィラ)
  2. アナカリス
  3. ウィローモス

どれも比較的育てやすいという事で選んだ次第です。

水槽内に鮮やかな緑があると、見た目も楽しいですし、

ミナミヌマエビが水草を伝ってピョコピョコ歩いているところや、

ウィローモスの上でツマツマ何かを食べているところとかを見ると、非常に癒やされますね(´ω`)

写真だと少し分かりづらいかもしれませんが、我が家のアクアリウムでは、流木に水草が活着した状態のものをレイアウトをしています。

これ、話しを聞くにこの活着というのがなかなか難しいらしいのです。

しっかり活着していないと、水草が浮いてきてしまうようです。

私も、ネット上のサイトで色んなアクアリウムの画像を見ていて、自分もやってみたいと思っていたのですが、難しそうで、及び腰になっていました。

ところが、最近行くようになったアクアショップで、水草付き流木というものが販売されており、「これは(・∀・)イイ!!」という事で早速、導入した次第なのでした。

ゆくゆくは自分で水草を育てて流木などに活着させてレイアウト、、、とかやってみたいですね。

おっと最後に、、、新しい水草を水槽の中に入れる時は、是非やっておいた方がよい事があります。

その名も「水草その前に・・・」です。

これを溶かした水にしばらく浸けておくと、水草に付着している残留農薬や、付着生物、腐敗菌などの汚れを落としてくれるのだそうです。

実は、アクアリウムを始めるきっかけとなった金魚達を星にしてしまった原因は寄生虫によるものでした、、、

寄生虫の流入経路は不明ですが、これが水槽に投入するものは出来るだけクリーンな状態で、と心がけるきっかけを作ってくれました。

いいねブログ村に参加しています。クリック頂けると励みになります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

アーカイブ