アマノ家フイルム

息子と娘の二児パパによるその日つれづれ

我が苔との闘争

約 7 分

img_7239

こんにちは、アマノユウです。

前回のブログで、発酵式CO2始めたぜ!!

翌日、、、

水槽全体が苔まみれになったんだが、、、(´・ω・`)

発酵式CO2添加で水草モサモサを目指す

こんにちは、アマノユウです。60cm水槽では水草をしっかりと育てていく事を試してみたいと考えてますが、そこで外せないのがCO2添加のようですね。当たり前ですが、水草…

と、言った事を書きましたが、あの手この手で奮闘した結果、なんとか現在は落ち着いたので、今回はそのいきさつを紹介したいと思います。

ブログの状況と現在の状況でわりと開きが出来てしまいましたので、粛々と追っかけて行きたいですね。

まず、苔が発生する条件は色々とあるようで、全ての状況に当てはまる訳ではないと思いますので、私が分かる範囲で下記に前提条件として、水槽の状況を記します。

また私自身、今回が初の水草水槽立ち上げなので、間違った理解をしている可能性もあります。

その際はコメント等でご指摘頂けると幸いです。

苔大戦前夜

  • 水槽立ち上げから一週間ほど
  • 恐らく、まだ生物濾過は立ち上がっていない
  • 底床にADA アマゾニア ノーマルとパウダーを使用
  • アマゾニアの底にはADA パワーサンドを使用
  • まだ生体はゼロ
  • 照明はタイマーで管理。点灯時間は12時間、、、(;^ω^) 水草育てんなら光当てまくればええやろJK!!と思ってました、、、
  • 発酵式なので、基本ずっとCO2添加
  • 照明がタイマーで落ちるタイミングと入れ替わりでエアレーション
  • 飼育水、めっちゃ匂う(・∀・)
  • 最後に、水質が安定しづらいと言われる30cm水槽を成功させてるから、60cm水槽楽勝やろ!!という謎の自信

こんなところでしょうか。

恐らく、アクアリウム先輩方諸兄諸姉には、ツッコミどころ満載かと思います。。。

苔大戦勃発

上記の通り、発酵式CO2添加が大戦の火蓋を切って落としたわけです。

水槽セットアップしたばかりなのに、早々とリセットかしら、、、とも思っていたので、テンションが下がり苔まみれの水槽の写真を前回のブログのものぐらいしか残していなかったのですが、水槽のガラス面は一面に苔、龍王石も苔まみれ、水草も苔まみれというションボリな状況でした。

作戦1:テデトール導入

まずは一にも二にもこれかと思ったので、テデトール導入です。

これはアクアリウム界ではお約束の言い回しのようですが、なんの事はなくそのまま「手で取る」のです。

はじめはメラミンスポンジや歯ブラシを使って苔を取ってましたが、妙な体勢を強いられ、途中で私の腰がブロークンしたので、苔取りに圧倒的戦力を持つと言われるこちらを導入しました。

img_7237

ADAのプロレイザーミニ

こいつぁ〜 本当に凄いですね。

一往復で水槽のガラス面に付いた苔が一網打尽でした。

ただ残念ながら根本原因は解消していないので、翌日になると苔が復活しイタチごっこ状態です。

アマゾニアを使用した水槽セットアップ初期は飼育水の富栄養により、ある程度苔が出て当たり前とどこかのサイトに書いてあったので、水質が安定したら苔はでなくなるだろうと思い、はじめのうちは比較的楽観的だったのですが、

水質が安定する前に苔で水草がやられてしまいそうだったので、テデトールは続けつつ作戦2を実行です。

作戦2:苔取り生体の導入

苔取り鬼軍曹、ヤマトヌマエビ殿に参戦頂きました。

20匹程ですね。

軍曹殿の働きにより流木や水草の苔はだいぶ減りました。

9377606072_7cb216a632_z

作戦3:更に苔取り生体の導入

苔取り生体の導入に味をしめたのか、更にミナミヌマエビとオトシンクルスに参戦頂きました。

もうこの時は私も、総力戦や!!と妙なテンションになっており、ガンガン苔取り生体を投入する始末(;^ω^)

龍王石についた苔をなかなかヤマトヌマエビ殿が食べてくれず、どの苔取り職人なら食べてくれるのか試してみたかったのもあります。

作戦4:アクアショップ店員さんに泣きつく

苔取り生体で一定の成果は出たものの、依然として苔とのイタチごっこは続き、消耗戦に突入、、、

と言っても消耗しているのは私だけで苔はの繁殖力は衰えずですが、、、Σ(´∀`;)

これはもうアカンという事でよく行くアクアショップの店員さんにどうすれば良いか聞いてみました。

その際におすすめ頂いたのがこちら、、、リバース・リキッド・フレッシュです。

img_7236

液体濾過材入りカルキ抜きらしく、これに含まれているリバースマテリアルというものが、吸着でコケの原因や水の汚れ、酸化物の除去してくれるらしいのです。

これが本当に効きましたね。

店員さんの言うとおりにこれを水換え時のカルキ抜きとして利用し数回。

明らかに苔の発生スピードが抑制されました。

また、あわせ技でADAのバクターボールも投入してみました。

こちらはネットの情報を参考にしたのですが、これによって飼育水のバクテリアを増やし生物濾過の立ち上がりを促すようです。

img_7234

まとめると、今回、私はリバース・リキッド・フレッシュで苔の養分となるものを抑制し、バクターボールで生物濾過に発破をかけ、飼育水の水質安定を目指した次第です。

この2つでやっとこさ、苔が生えにくい環境を作る事が出来ました。

飼育水の匂いも消えてくれた感じです。

ただ、龍王石に生えた苔は、苔取り生体でもこちらでも大して変わりはなかったので、一度全て取り出してテデアラールしました(;^ω^)

ちなみに私がネットで参考にしたブログ記事ではリバース・リキッド・フレッシュとバクターボールではなく、

Do! Aquaのbeクリアとバクターボールを使用されておりました。

beクリアも汚れを吸着する類のものですね。

一応、私も買っておりましたが、今回はリバース・リキッド・フレッシュで済んだようです。

img_7238

ちなみにもし上記の方法でも苔を抑える事が出来なかったらこれを使う予定でした。

苔殺しの薬 アンチグリーン(;^ω^)

img_7235

私の中ではこいつが最終兵器彼女でした。

何故なら苔と一緒くたに水草も殺しちゃうかもという恐れがあったからです。

実際は案外大丈夫のようですが、なんとなく((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルな印象を持っております。

今回は以上の内容で苔を抑える事に成功しましたが、今後も苔とは継続的なお付き合いが必要になりそうですね(;^ω^)

いいねブログ村に参加しています。クリック頂けると励みになります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

カテゴリー

アーカイブ