アマノ家フイルム

息子と娘の二児パパによるその日つれづれ

現在の60cm水槽 〜グッピーさん出産ラッシュ〜

約 4 分

img_7456

こんにちは、アマノユウです。

なかなかブログの更新頻度を上げられず、60cm水槽の現状に追いつかないので、ここらで途中経過をすっ飛ばして今の60cm水槽の事を書きたいと思います。

水草について

写真の通り水草はいい感じに育っており、三回ほどトリミングをしてなんとなく自分なりに形を整えている感じです。

難しいですねぇトリミング、、、(^^ゞ

後は前景草のグロッソスティグマが絨毯状になってくれれば、初めて立ち上げた水槽ですし、あまりこだわらずこれで完成として、後は維持に努めたいと思っております。

多少、ヤマトヌマエビさんに食べられつつも匍匐はしているようで、徐々に密度は上がっていますね。

水槽の仲間たち

せっかくのタイミングなので、こちらの水槽に住む仲間達も紹介しておきましょう。

カージナルテトラ

30cm水槽から10匹ほど移住してもらってます。

(熱帯魚)カージナルテトラ(ブリード)(10匹) 本州・四国限定[生体]

アブラハヤ

こちらも30cm水槽からの引っ越しです。

息子と義父が川で採取してきた魚ですね。

はじめ義父からは黒メダカだろうと聞いていたのですがこの夏グングン育ちましてかなり大きくなったところで疑問になり、改めて調べてみると恐らくアブラハヤという川魚っぽい(;^ω^)

きっとそう、、、?

(淡水魚)アブラハヤ(3匹) 本州・四国限定[生体]

ブラックネオンテトラ

この水槽に住んでほしくて新たにアクアショップで買いました。

この渋さが良い!

ブラックネオンテトラ 5匹(4匹プラス1匹)

外国産グッピー

熱帯魚飼育といえばグッピー!ってイメージありませんか^_^;?

アクアリスト初心者としてまずこの道を通るべきだろうと思い、この水槽の主人公として住んでもらっています。

国内産が育てやすいようですが、ここはコスパ優先で外国産を選択しました。

(熱帯魚)外国産ミックスグッピー(3ペア) 本州・四国限定[生体]

サイアミーズフライングフォックス

コケ取り職人として仲間入りして貰ってました。

(熱帯魚)サイアミーズ・フライングフォックス(2匹) 本州・四国限定[生体]

オトシンクルス

こちらもコケ取り職人ですね。

(熱帯魚)オトシンクルス(3匹) 本州・四国限定[生体]

ヤマトヌマエビ

コケ取り戦艦大和。

(エビ・貝)ヤマトヌマエビ(10匹) 本州・四国限定[生体]

ミナミヌマエビ

コケ取りマエストロ。

私はヤマトヌマエビよりもミナミヌマエビの方が好きですね。

最近は勝手に繁殖しているようで、稚エビを水草の影でよく見ます。

(エビ・貝)ミナミヌマエビ(20匹) 本州・四国限定[生体]

グッピー出産ラッシュ

img_7457

そして題名の通り、最近グッピーの出産が続いております。

推定20匹程を飼育箱で隔離している状態ですね。

隔離しないと親グッピーやアブラハヤが凄い剣幕で食べてしまうという、、、(´;ω;`)

隔離しそこねたグッピー稚魚達もいるのですが、なんとなく減っている気がする、、、

産んだ瞬間に食べようとするのは親としてどうなん、、、グッピーさんよ。

グッピー出産はアマノ家の子供達も喜んでいたのですが、何気に妻が一番テンションが上がっていました。

私は趣味にのめり込みがちで散財傾向もあり、私が何か新たな趣味を始めると大抵妻は否定的なのですが、アクアリウムについては彼女も好きなようで、他の趣味と比べて背中への痛い視線が少なくて良いですね( ´∀`)

いやはや、グッピー稚魚達もこのまま元気に育って欲しいものです。

今回はこちらの2つを利用して、妊婦グッピーの隔離や出産後の稚魚飼育を行っておりますが、個人的にはベビーボックス・プラスが使い勝手が良くて良いですね。

水槽の中に入れるので多少邪魔ではありますが、サテライトSに比べてこちらの方が親グッピーのストレスが少ないのか産みやすい気がします。

仕切られているとはいえ周りの見える環境はそこまで変わらないからでしょうか。

濾過フィルターが付属している事や、産後の親グッピーを元の水槽に戻すのにサイドにスライドドアがあるもの使いやすいです。

一方、サテライトSはこの外付け感がガジェット心をくすぐりますね。

隔離ボックスとしてではなく、これで色々と試してみたくなるような、、、人気なのが理解出来ました。

急ぎ足でしたが、現在の60cm水槽の状況でした。

いいねブログ村に参加しています。クリック頂けると励みになります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

カテゴリー

アーカイブ